FF3 #4 ヘビではだかをかくしています

まえがき

ゲーム日記を記事化するにあたって、記事の「タイトル」をつけるのに手間取っていたのですが、ついに良い方法を発見!

日記の中の面白いワードを、そのまま使えばいいんだ!

パパ
パパ

これだッ!

というわけで、今日のタイトルは『ヘビではだかをかくしています』です。

2019-1-29(火)の日記

デッシュの働きによって、航海の障害になっていた「うずまき」が消滅した

彼が最後に残した言葉を道しるべに、エンタープライズでドワーフの住む洞窟へと向かう。

はじめまして、ドワーフさん。
むすこ
むすこ

「ラリホー」ってファイファンにもあるんだ!

パパ
パパ

うん、あっちの「ラリホー」とは違う意味だけどね。

※むすこは「ドラクエビルダーズ」をやっているので、ドラクエの予備知識は結構ある。

何やら慌ただしい様子のドワーフたち。

事情を聞いてみると、あら大変、洞窟の祭壇に奉っていた宝物「こおりのツノ」を、 盗賊「グツコー」に 盗まれてしまったらしい。

必ず取り返してくるとドワーフに約束し、グツコーが逃げ込んだという「地底湖」に向かう

「ボム」など厄介なモンスターを捌きながらどんどん進む。

そしてついに地下3階でグツコーを発見した!

こいつが犯人。
パパ
パパ

おお、すごい恰好だ…。

むすこ
むすこ

お着替え中に来たから急いでヘビで隠したのかな!?

ここまでのボスたちと同様、それほど苦戦することなくグツコーを倒し、「こおりのツノ」を取り返した光の戦士たち。

はやくドワーフたちの喜ぶ顔が見たい。

急ぎ足で地上へ向かう途中、我々の後ろにピッタリと怪しい影が付いてきていることに気づく…。

話しかけても「?」となるだけ。

気になりつつも、就寝時間がきたので、ここでセーブをしてゲーム終了。

おやこ
おやこ

なんだろう、バグじゃないよね…。

あとがき

はい、今日の日記は短めでしたね。

いつも、お風呂に入ったあと、寝る準備がきちんと終わってからゲームをしているのですが、この日はあまり時間がなかったのかもしれません。

パパ
パパ

基本的には睡眠時間が第一優先です。