ファミパパ日記について

ようこそいらっしゃいました。

こんにちは、当ブログ「ファミパパ日記」の管理人、えーちゃんです。

メインコンテンツは、僕が日々むすこに宛てて書いているゲーム日記の紹介です。

また、それに絡めて育児の記録もしていきます。

ゲーム日記の歴史

平成30年5月

むすこと2人、「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」にどっぷりとハマっていた頃。

ゲーム中の『次の目的地』を忘れないために、ノートに『メモ』を書き残したのが始まりです。

この時はまだ、『ゲームの進捗』を記録するだけの日記でした。

そして、約2カ月間の冒険がエンディングを迎えると、このノートは大切な思い出とともに本棚に納めたのでした。

最初のページ。

それから半年後、今度は「ファイナルファンタジー3」の世界へと旅立ちます。

ノートを再び開き、続きのページを書き始めました。

『主人公』の名前を、むすこがいつも遊びに使っている「ぬいぐるみ」からとってつけると、日記は、ただの記録ではなくなりました。

ゲーム本来の展開に少し脚色を加えて、「ぬいぐるみたちの冒険譚」のような体裁で書くようになったのです。

主人公はカエルやクマの姿に。

もともと、ぬいぐるみで空想遊びをするのが好きだった2人。

ファイナルファンタジー3の面白さと相まって、この日記作りはツボにはまりました。

それ以来、ゲームをした夜は僕が日記を書き、翌朝一番にむすこが読む、というのが親子の楽しい日課になったのです。

ノートは2冊目に入りました。(2019年3月)

そんなわけでこのゲーム日記は、ちょっと大げさに言うと、僕とむすこの遊びの結晶なのです。

「ファミパパ日記」の記事として、少しずつ公開していきます。


2019年6月28日 追記

なんと、「ワンダープロジェクトJ」の日記が、脚本・ゲームデザインを手掛けられた、米田喬(平野文鳥)さんにも読んで頂けました!

あまりにも光栄で、夢のような不思議な気分になりました…。
素敵なゲームをありがとうございます!